待降節

投稿日: カテゴリー: 園長先生からのおたより

カトリック教会ではクリスマスまでの4週間を

「待降節」(たいこうせつ)と呼んで

イエス キリストの降誕を待ち望む季節です。

幼稚園ではクリスマスお祝い会までの12月14日までの4週間を

待降節の期間として、心の準備をします。

一週間に1本のろうそくに火を点けながら

クリスマスを待ちます。

お当番さんがろうそくの火を消してくれます。

あそびの中に

投稿日: カテゴリー: 園長先生からのおたより

子どもたちの遊びは、大人の遊びとは全く違うものです。

あそびの中で、不思議さおもしろさ美しさを体験し

自ら関わることで、多くの学びを得ていきます。

その中で、もっと知りたい、もっとかかわりたい、という気持ちが

探求へとつながっていきます。

やりたいが発揮される環境に自ら関り

友だちや先生といっしょにその経験を

豊かなものにしていく。そんな幼稚園でありたいと思っています。

先日の朝、廊下でおもちゃのワミーを長ーく長ーくつなぎはじめた子どもたち。

「もっと引っ張って」「まっすぐ」そんな声が聞こえています。

「何個かな?」と数え始めた年長さん。

声に出しながら数えています。

こんな日常の遊びの小さな一コマから

対話的な学びが広がっていきます。

ワミーをつなげたら保育室じゃあ狭いから 廊下でもっと長くしたいんだ

玄関まで長くなったよ 全部で何個かな?

180,181,182・・・・・・・・・・・ 245,246,247,248 248個あったよ

ご入園・ご進級おめでとうございます

投稿日: カテゴリー: 園長先生からのおたより

春の日差しが温かく園舎に注ぎ

元気な子どもたちの声が響いています。

2019年度が始まりました。

子どもたちがそれぞれの可能性を伸ばし

生き生きと遊び、

友だちと関わりながら思いを伝えあうことが

できますように、

子どもたちのより良い環境でありたいと思っています。

皆様どうぞよろしくお願いいたします。

どきどき わくわく

投稿日: カテゴリー: 園長先生からのおたより

こんにちは

2018年4月10日

苫小牧聖母幼稚園 第54回入園式が行われました。

在園児の子どもたちは、待ちに待った新しいお友だちに

かっこいい姿が見せたくて、いつもよりちょっぴり緊張していました。

新入園児のおともだちは、お家の方と離れて不安な気持ちだったでしょうか。

これからの、毎日の幼稚園での「はじめて」との出会い。

一つずつ できた喜びを感じ、自信が生まれ

また、新しい どきどきに出会い、

できることが増え

チャレンジする勇気が育まれる。

少しずつ 少しずつ 「どきどき」」が「わくわく」に変わり

「楽しい」がたくさんになっていきます。

ご父母の皆様、ご家族の皆様

新しいお友だちや環境でどきどきのお子様たちを

どうぞ、やさしく見守ってください。

「だいじょうぶだよ。おとうさんも幼稚園の時泣いたんだよ」

「だいじょうぶよ。ママもいっぱいどきどきしたのよ」

安心できる環境の中で、子どもたちは

安心してチャレンジしていきます。

失敗しても、否定的なことは言わないでくださいね。

大丈夫です。

自分の存在が肯定されていれば

また、チャレンジします。

どきどきがわくわくに変わるように、、

私たち職員一同、かかわってまいります。

ご父母の皆様、

これからいっしょにご協力をどうぞよろしくお願いいたします。