ご案内

小規模幼稚園の特性を生かし、全教職員が園児とのふれあいを大切にし、縦割りクラス(異年齢で構成する学級)の中で幼児社会での相互成長を活発にし、主体性を育てます。また、個々の発達に応じた保育の充実をはかり、各ご家庭と協力し心身ともに豊かな子供に成長していくよう努めていきます。

教育方針

本幼稚園は、本学園建学の精神であるキリスト的人間観に基づき愛の精神を教育の基盤として、幼稚園教育要領の5領域(健康、人間関係、環境、言葉、表現)の円満な発達を助け、幼児ひとりひとりが生き生きと活動できるよう導き、情操豊かな子供を育てることを目指しております。

特色

  1. 人格の基礎づくりをしっかりとしたい。
    人間としての基本的に考えなければならないこと、身につけなければならないことをしっかりと導いてゆきたい、と考えています。

  2. 感動(喜び)のある生活を経験させたい。
    教師と幼児の信頼関係を大切にして、困難なことにもかかわりながら真の喜びを味わい、自他の成長をみとめ、感謝の心が育つ経験を多くさせたい。又園外保育の中で地域全体が子供の庭、環境と考え、街を愛し、自然にふれ、生命あるものを大切にする、又美しいものに対する感動・発見する心を養うように努力したいと考えています。

  3. 心身がたくましく育つように、戸外あそび、体育あそびなど工夫しています。

  4. 家庭との協力をよりよくしたい。
    幼稚園の教育は家庭との協力なしには実りません。家庭と心・力を合わせて、心身共に豊かな子供を育てるように努力していきたいと考えています。

  5. 園長先生による英語の正しい発音、聞きとりを学び、やさしい挨拶やことばが言えるように保育にとり入れています。

園内見取り図